白いちごの農場での栽培~収穫時期までの育て方を紹介


WHITE ICHIGO(ホワイトイチゴ)化粧品の原料となる白いちご(品種:桃薫)は、GRA農場(宮城県山元町)で、先端技術を駆使して、育てられています。食の安全と、持続可能な農業のために、GLOBAL G.A.Pを取得し、GAPに基いた生産を行なっています。

いちご農場

いちご職人が長年の経験で体得したいちご作りに最適な温度・湿度・日射・CO2をPCで一元自動管理し、養液を時期によってコントロールすることで、植物にとって良い環境を作り出しています。この環境制御と養液管理されたハウスの中で育てられた白いちご!たくさんの日照を浴びた白いちごは甘く、みずみずしい!

その成長過程(苗を定植、花が咲く、実をつける、収穫)を紹介していきます。

白いちごの定植

ハウスのまわりはそろそろ稲刈りの頃、”定植”作業がはじまります。 大切に育てた苗をフカフカのベットに植える作業になります。根が張りやすいように植えたら、これから約2か月後に実がなるまで、気候や成長に合わせて慎重に管理します。いよいよ緊張感が増してくる農場です!

定植
高設養液栽培

環境にやさしい高設養液栽培を採用し、病害虫や連作障害の原因になりやすい土を使わず、ヤシ殻を砕いてフレーク状にした培地に、管を通し、養液をポンプで送り込みます。

農場の安全管理
  • 定植前に、遮光密閉した高CO2濃度下に苗を24時間静置する
  • 天敵を放飼する
  • 微弱な紫外線照射により植物の免疫機能を引き出す

等の先端技術を駆使することで、病害虫を減らし、化学合成農薬をなるべく使わない栽培に取り組んでいます。専門の研究者が常駐し、きめ細かな安全管理を施しています。

白いちごの花が咲く

白いちごの花

11月、宮城県山元町は寒くなってまいりました。その冷え込みとは別世界のハウス内はお花畑♬そして夜には"電照"という秋冬の風物詩。それはそれは素敵な風景で、いちごの収穫シーズン到来を知らせます。その電照時間・温度や湿度は先端技術で制御されており、いちごが美味しく実るしくみとなっています!

夜のいちご農場

マルハナバチ

マルハナバチは、曇りの日でもよく飛ぶため、曇天の日が続いても、安定して受粉が行われ、形の良い美味しいいちごが収穫できます。
"桃薫"は他の品種に比べて花の数が多く、そのまま育てると、たくさん小さな実がなって株が疲れてしまうので、摘花という作業をして管理しています。

白いちごの花

他品種に比べて花びらが大きく、ユリのようにひらひらしています。中心がもうすでにイチゴです!この実の収穫はまだあと1か月ほど。待ち遠しい時間もいとおしいです❤

白いちごの実をつける

白いちごの実が膨らみ始めた

実が膨らみ始めた

実が色づき始めた

実が色づき始めた

白いちごの実がみずみずしく熟した

実がみずみずしく熟した

白いちごの収穫

品の良い香りが漂ってきたら、それは収穫の合図!1月~5月頃まで"桃薫"を収穫しています。普通のいちごに比べて、"桃薫"は果皮が柔らかく、専用のはさみでカットします。

収穫箱に並んだ食べ頃の白いちご収穫箱に並んだ食べ頃の白いちご

白いちご(ミガキイチゴ)

「~食べる宝石~ MIGAKI-ICHIGO」として、ブランド化して販売しています。ビタミンCやポリフェノール豊富な白いちご。きめ細かな安全管理により、水で洗わずに、そのまま食べることで、香り高いおいしさを堪能できます。

WHITE ICHIGO(ホワイトイチゴ)スキンケアコスメ

白いちごを絞って、ジュースにして、加工・熟成・ろ過して、白いちごエキス*が完成!WHITE ICHIGO(ホワイトイチゴ)スキンケアコスメに配合しています。
*フラガリアチロエンシス果汁(整肌成分)